プロフィール

宮本よしか
代表 

看護師・ヨガインストラクター

長崎生まれ 長崎育ち

 

元看護師・現役ヨガインストラクター。
看護師として都内総合病院に勤務する中で原因不明の不調を数年に渡り経験。
その改善のために沖ヨガ・龍村ヨガをはじめ各種ヨガ、マクロビオティック、
アロマセラピーなどを学び実践。元氣を取り戻す。
この経験から現代を生きる私たちが、心も身体も健やかに生きるためには、
東洋と西洋の智慧をバランスよく活用すること。それをマットの上だけでなく
暮らしの中で、病氣になる前に予防的に活用することが大切だと実感する。
現在、子ども・成人・高齢者、全てのライフステージの方を対象に
「生きる力を引き出す」ヨガクラス、ワークショップ、各種養成講座を
開催。保育園、クリニック、デイサービス、ヨガスタジオ、オンラインレッスンなどで活動している。


・看護師
・龍村ヨガ指導員/ホリスティックヘルスケアコンサルタント
・手のひらセルフケア協会認定 龍村式指ヨガマスターインストラクター
・沖ヨガ協会認定 龍村式眼ヨガインストラクター
・朝日カルチャー新宿教室講師
・読売カルチャー講師
・ルナワークス認定 シニアヨガインストラクター
・東京マルシェ認定 エイジング予防ヨガインストラクター
・日本YOGA連盟認定 ロコモケアメイト
・リザ・ロウイッツ氏認定 リストラティブヨガインストラクター
・沖ヨガゆがみ修正法講座全課程修了
・レイキヒーラー(レベル3修了)
・マクロビオティック リマクッキングスクール 師範科
・公益財団法人 東京防災救急協会 上級救命技能認定証取得

・特定管理医療機器の販売及び貸与営業所管理者

 

 

看護師として約10年、病院に勤務し多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには 限界があるのではないかと感じていました。

最先端と言われる手術や投薬を受けてもなお、健康とはいえない人を多く見てきたからです。

現在の医療では検査結果に「問題なし」と言われても、自覚症状があり「辛い」とおっしゃる人を多く見てきました。

そんなとき、私自身に原因不明の体調不良が次々と起こりました。

毎月のように38℃を超える発熱が続くこと1年

PMS(月経に伴う毎月の困難な症状)と婦人科系の問題(子宮内膜症・子宮筋腫・チョコレート嚢胞・子宮後屈)、輸血の一歩手前までいった、血液データの変化

慢性便秘、慢性疲労感、胃腸が重くスッキリしない日々、全身に広がる湿疹とかゆみ、頭重感、不定期に出る動悸、息切れ、めまい、心理的閉塞感、不安感

病院に何度も訪れ、検査するのですが、どこも異常なし。

決定的な症状名がつかないまま、一つ改善したと思ったら、次々に症状が現れる日々。

そうするうちに心理的閉塞感、不安感が強くなり、生きるのはつらいことだと思って生きていました。

この状態は7年に及びました。

当時、子どもが幼かったので「もっと元気でいたい」「なんとかしなければ」という気持ちが常にありました。

そして東日本大震災がおこり、実家の長崎に身を寄せて

私が幼い頃、母は私のように具合が悪かったけれど、ヨガで元氣になったことを思い出しました。

母の恩師、奥野義雄先生を訪ね、ヨガレッスンに通い始めました。

原子爆弾の後遺症で辛い人生を歩まれた奥野先生は、ヨガに出逢い元氣に過ごしておられました。

教えのすべてに説得力がありました。3ヶ月経った頃には、私は何を悩んでいたのだろうと思えるほど元氣になっていました。

それからアメリカに住むことになりました。

アメリカでもヨガを続けましたが、何かが違う。

アメリカでは一時生命の危機にさらされる事態にもなりました。

その時にはアメリカで最高といわれる医療を受けましたが、原因はわかりませんでした。

帰国した私は沖ヨガの大家である龍村修先生の元で、ヨガを本格的に学ばせていただきました。

そのうち、薄紙をはぐように、少しずつ全身の体調不良が治り始め、

ついに半年後には「生きているってうれしい」と思えるほどに、ほとんどの症状が回復していました。

毎日あんなに辛かったのに。驚きました。

体調を良くするために始めたヨガでしたが、「癒やす力」はもともと私の中にありました。

「嬉しい、幸せ。」こういう氣持ちで過ごせる人生。

周りへ拡がるこの氣持ち。

ヨガに出逢えて本当に良かった。

先生はヨガ。私は皆さんの伴走者。

人生の主役はあなた自身。

あなたらしくある

幸せな人生を。

ご一緒にヨガできることを

楽しみにお待ちしております。

 

宮本よしか